解雇、雇い止め、賃金未払い、労災、アスベスト被害、パワハラ、セクハラ、マタハラ、派遣社員の方、非正規雇用の方、ブラックバイト等のあらゆる労働相談に応じます。

労働問題の解決に向けて

Pocket

組合加入後の大まかな流れ

組合加入通知を送付し、団体交渉を要求:通常は会社代表者宛に「組合加入通知書及び団体交渉要求書」を送付します。組合加入通知書により、あなたが、組合員であることを通知し、会社には、労働組合法を遵守し、組合員に対する脱退工作・直接交渉(例として、未払い賃金を払う・又、若干の上乗せをするから組合を脱退してくれと会社が頼んでくることがあります。この場合は、組合を通じて話して欲しいと回答して下さい。)不利益取扱い等の不当労働行為(違法行為)をしない事を要求します。又、相談内容(あなたの要求)を明記して、憲法第28条に基づき、団体交渉の開催を要求します。(会社が団体交渉を拒否すると労働組合法違反となります。)

団体交渉を行う:団体交渉では、ユニオン相談スタッフ、執行委員が団体交渉にあたります。あなたにも加わってもらいます。ユニオンは基本的に、労働関係法規を守る立場から、会社の法律違反を追及して、回答を求めます。団体交渉で、あなたの要求に対して満足のいく回答があった場合は、協定書を締結し、相互に確認を行います。

団体交渉が上手く行かなかった場合:労働相談スタッフがあなたと打合せて、労働基準監督署に対する申告(解雇・賃金未払・労災等労働条件関係)、社会保険事務所に対する申告(健康保険や厚生年金未加入など)、ハローワークに対する申告(雇用保険関係)等を行います。いずれも、相談スタッフとあなたの共同作業で行います。

労働委員会への救済申立て:労働委員会は、公益委員、労働者委員、使用者委員の3名による合議制で、ユニオン及びあなたに対する団交拒否などの不当労働行為についてユニオンと会社のそれぞれの主張を検討し、和解の斡旋や、命令書の交付を行います。こうした制度を活用し問題の解決を目指します。

労働審判:会社がユニオンの要求を拒む場合、最終的な解決手段は裁判(労働審判)になります。この場合、あなたはあなたの費用で弁護士を依頼することが必要となります。ユニオンが労働関係に強い弁護士を紹介もします。この場合、スタッフが同行して弁護士に相談します。

いずれの場合にも相談スタッフはあなたに必要な助言・協力を行います。また、これらの過程で交渉等を有利に運ぶため、会社に対し抗議行動も行います。企業のコンプライアンス責任を求め、親会社、得意先などへの要請活動も併せて行っていきます。

秘密は厳守します。ためらわずに相談ください。 TEL 044-555-3411 受付時間11:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

スタッフブログ

PAGETOP
Copyright © 神奈川シティユニオン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.